FC2ブログ

ケアチーム 大芽

介護事業の事、スタッフの日常など

”在宅看護における感染対策”勉強会⑤

勉強会④の続きです♪

・手指衛生・・・
・全ての医療行為・在宅ケアの基本であり、感染予防に対して最も大きな役割
・訪問スタッフの手を介して、病原微生物が在宅高齢者に伝播する経路を断つ
・そして2つの方法がある。
流水と石鹸による手洗い
目に見える汚れがあるとき
擦式アルコール製剤を用いた手指消毒
目に見えない汚れがあるとき



・流水手洗いと擦式アルコール製剤の使い分け①・・・
・確実な手指衛生としては流水で手洗いしてからケアを始めることが理想。
・在宅ケアの場面では自由に手洗いできないことが多いため、
持参したアルコール製剤を使用した方が安全かもしれない。
・ただし、手指の汚染が明らかな場合は手洗い場を借りて手洗いした方が良い。


・流水手洗いと擦式アルコール製剤の使い分け②・・・
・それでも手洗いが困難な場合、
ウエットティッシュで手を拭いた後にアルコール消毒を併用する。
・ノロウイルス胃腸炎が疑われる場合には、手洗いを前提とせざるをえない。
ケアの終了後は流水での手洗いを心掛ける。


スポンサーサイト